もしもユチョンとつき合うなら?でもオクセジャ推奨^^

あんにょん^^

これはまぁプロモですねーw

現実味ないわ....

もっとこう現実味のあるアンケートないんかな...

もしもユチョンの家の家政婦になるならとか←


でもきっちり答えました「俺の女」で←えw








もしユチョンと付き合うなら!?
みんなの声を大募集
「匂いを見る少女」Twitterアンケート
WEEKが本日よりスタート


KSTYLE 



r_20160314194556ad0.jpg  

「会いたい」「スリーデイズ~愛と正義~」など数多くの話題作に出演し、
今や俳優としての人気・実力ともに開花させているパク・ユチョンの
入隊前最後の主演ドラマ「匂いを見る少女」Blu-ray/DVD-SET1・2
が好評リリース中。

「屋根部屋のプリンス」脚本家イ・ヒミョンとの奇跡の再タッグが実現した
本作でパク・ユチョンが演じるのは、とある事件がきっかけで無痛覚症を
患った警察官ムガク。匂いが見えるようになってしまったヒロイン・チョリム
には、「男を愛する時」のシン・セギョンがキャスティング。
超感覚&無感覚カップルが繰り広げるロマンスは、笑いあり涙ありの
展開で目が離せない! ユチョンのクールな刑事の姿から、コミカルな
表情満載のお笑い芸人姿まで楽しめる、ファン待望のキュートで
ポップなラブコメディとなっている。

本日、本作のDVD/Blu-ray の大好評発売&レンタルを記念して、
ファンの声を大募集「匂いを見る少女」Twitter アンケート♥WEEKが
開催された。

参加方法はとっても簡単! 韓ドラDX公式Twitterアカウントをフォローして、
公式がつぶやくアンケート項目にポチット回答するだけ。劇中にムガク
がチョリムに言った名セリフ「付き合ってるだろ。君を何と呼べば?」の
問いに対する皆さんの答えも大募集。アンケート項目はWEEK中、
毎日1問ずつツイートとなる。ホワイトデーでもある本日、劇中の
チョリムになりきって、ユチョンと妄想デートしてみては?


【みんなの声をきかせて!「匂いを見る少女」Twitter アンケート♥WEEK 概要】

実施期間:2016年3月14日(月)12:00~2016年3月19日(土)12:00
※上記はアンケート参加可能期間となります。

参加方法:Twitterで韓ドラDX公式アカウント(@kandoraDX) をフォロー。
公式アカウントがつぶやくアンケート項目の中から、自身の回答を
選択するだけ。アンケート項目は毎日1問ずつツイートされます。
※1問に対する回答締め切りはツイート後24時間となります。



http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2040661







ネムボソもいいけどやっぱりこれには勝てない件。。。

唯一DVDセット持ってるし←


[どうしようもなく推奨]

300年経っても消えない余韻"屋上部屋の皇太子"


無題 


「竜頭蛇尾」型ドラマが幅を利かせた最近、最後の二つの回送だけで
「マクドゥ」の危険性を振り切って「ミョンドゥ」感じを風通しの良く
振りまいたドラマが自然に浮かんでくる。

4年前の春「ダッキング・トゥ・ハーツ」、「赤道の男」と水木ドラマ戦争を
主導したSBS20部作ドラマ「屋根部屋の皇太子」(以下、「翡翠世子」)
(演出シン・ユンソプ・アンギルホ、脚本イフイミョン)である。
3月から5月放映された春の香りを漂わせて視聴者を笑わせ
最後には涙、鼻水を抜き出す没入度を誇っていた。



無題1 


朝鮮の皇太子イガク(パク・ユチョンの方)は、一夜にして愛するセジャビン
(チョン・ユミ)を失う。夜明け夕暮れに睡眠を破ったイガクはないに陥って
溺死したセジャビンを発見する。しかし、状況を掘り取るほど疑問だけが
頭の中をよぎる。

イガクは「能力者」臣下ソンマンボ(イ・ミノ)、トチサン(チェ・ウシク分)、
ウヨンスル(チョン・ソクウォン分)を集めて、この謎の死を暴こうする。
しかし、これを阻止しようとする連中に追われて、逃げるイガクと
臣下三人衆は月光の力に導かれて、時間をふわりと跳び越える。

300年をスキップし、2012年大韓民国。これらは「キャンディ」のヒロイン
ハッカ(ハン・ジミン)の屋根裏部屋に安着され、その時から混乱に陥る。
万ウォン札に刻まれた世宗大王を見て「殿下〜」を叫んで、トイレの水を
持ってうがいをしながら少しずつ、21世紀に適応していく。

そして、その時点 イガクの生まれ変わり人物であるテヨン(パク・ユチョン
の方)がヨンテム(イ・テソン分)により水に陥って行方不明ながら
イガクと臣下たちはセジャビンの死とタイムスリップ、そしてヨンテヨンの
失踪には深い関係があることを実現謎を解いていく。



無題3

序盤イガク、ソンマンボ、トチサン、ウヨンスル4人「ビーグル」のコミカルな
演技はヒスイ世子での「イプドク」を促す。迷惑が並大抵ではないのに、
なぜか憎くていない様子だ。現代の生活に適応していくイガクとハッカの
ロマンスも進展が生じる。人間が克服することができない時間の間に置かれた、
これらの。切なさは徐々に極に達している。

19,20回はコクコクコク取りまとめてみるに値する。ドラマ中盤から「セナまき」で
非難を受けたりしたが、すべての非難を弱くショットを取得し作成された
最高の二時間である。

「300年経っても、あなたを覚えています」といっていイガクとハッカの
大使は、300年経っても記憶されるようだ。


オクセジャ、こうした方々に推薦!

-龍頭蛇尾展開に疲れた方々

-‘朝鮮花石が’らを鑑賞したい方々

-笑って泣いて、感情ロール鼻ミズもOKである方々

[mksports@maekyung.com]

http://sports.mk.co.kr/view.php?no=192791&year=2016









↓↓にほんブログ村ランキングボタン↓↓

ランキングにご協力おねがいします!ポチッとしてね^^
更新の励みになります^^↓



にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村




↓↓FC2ブログランキングボタン↓↓

いつもランキングにご協力ありがとうございます!
更新の励みになります^^↓













関連記事

テーマ : JYJ/JEJUNG YUCHUN JUNSU
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

感情ロール鼻ミズもおっげぇですヽ(;▽;)ノ

みきこさん、鯛員の皆さん、あんにょん(。・∀・。)ノ
みきこさん、その後、お鼻のワセリン効果ありましたか?ヽ(;▽;)ノ
辛い時期続きますけど、ファイ珍ですヽ(;▽;)ノ

こんなアンケートあったんですね?!知らなかった(^^ゞ
確かに現実味無いですけど(´θ`llll)
現実味ないと言えば、先日、ユチョンと添い寝会♡に参加した夢を見ました( ´艸`)♡
超現実味無いですけど(^^ゞ←だから、夢だからww
なかなか良い感触でした(*´Д`*)♡←何が?!

みきこさん、私も、やっぱり、オクセジャが一番ですよ(ToT)
もう、オクセジャの「オ」って聞いただけで、感情ロール鼻ミズもおっげぇ~(今日のツボww)状態になりますよ(o;ω;o)
19話、20話とか、今思い出しても涙出てくる(ToT)

みきこさんも、今、違う意味でも、感情ロール鼻ミズもおっげぇ状態だと思いますが、ワセリン塗ってお大事に~ヽ(;▽;)ノ
プロフィール

みきこ

Author:みきこ
Yuchun Forever 管理人

ユチョン溺愛
ときどきジュンス&ジェジュン
JYJを応援しています^^

Yuchun Forever AKL
Always Keep our Love for Yuchun (AKL) Yuchun fanclubです^^ JYJのYuchunをみんなで応援しましょう^^ こちらはブロとも限定記事でお知らせしています。 同じ気持ちで一緒に応援してくださる方は お手数ですがブロとも申請をお願いします^^ ファン交流の為のBBSへもブロとものみ パスワードをお知らせしています。 申請の際は必ず一言添えておねがいします^^

ブロとも申請はこちらから

Waitingfor6002
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Birthday
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 芸能ブログへ
FC2ブログランキング
ユチョンをポチっとちゅせよ♥

FC2Blog Ranking

blogramランキング
blogramのブログランキング
Mikiko's Twitter
ご用の方はこちらのツイッターでリプください^^
ブログの更新をお知らせ^^
最新記事
最新コメント
JYJ関連商品
個人情報について
コメントその他に個人情報をのせることは お控えください。公開されたことによる トラブルについては責任はもちかねます。
画像動画について
このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません
FC2カウンター
ようこそ!
現在の閲覧者数:
ユチョン☆Forever 掲示板(BBS)
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブログ村PVランキング
コメントについて